授業時間はどんな感じ・スタイルで進んでいくの?

★まずは気軽に体験授業を受けてみませんか?体験ですから無料です。
栄光ゼミナール

個別指導学習のスタイル

今や、個別指導学習がたくさんでき、それに伴い様々な授業スタイルが確立されています。主に、先生一人に対して何人の生徒がつくのかというのが各個別指導学習のウリとなっています。

個別指導学習のチラシなどで、1:1であったり1:3であったりという数字が見られるところもあると思いますが、これは、先生一人に対して、生徒が何人つくのかというのを表した数字です。先生1人に対して生徒が3人つくシステムならば、1:3ということになります。

生徒比率が低ければ、その分費用も高くなるのが一般的です。 比率が低ければ良いと言うのも一概には言えません。 先生が常にいるという弊害も考えられます。また逆に、比率が高すぎて自習しているのと変わらない所もどうやらあるようですので、実際に行っている人の意見や、体験授業などで確かめてみる必要があります。

●1:1(低比率)の授業

生徒を見る時間は充分にあるため、すぐに分からないところを聞ける利点があります。ただ、習ったものの練習中までずっと先生がいてやりにくいという意見もあるようです。それは人それぞれですし、弊害の克服は力のあるですと当然改善しているでしょうから、良い悪いは実際に体験してみないと分からないでしょう。

●1:2〜(複数の生徒がいる)の授業

指導の際はマンツーマンで指導を受け、練習問題の間は一人で練習するような流れになります。いつまでたっても先生が来ない、特定の生徒ばかりに先生が行くなどの弊害が予想されます。これも当然、力のあるでは当然改善しているでしょうから、良い悪いは実際に体験してみないと分からないでしょう。


※つまりは、どんな比率であっても、考えられる弊害はあります。そして同様にの力如何では改善できうる問題でもあるのです。 これらの問題を克服できないようなだけは選ばないようにしましょう。